ラペティ・ロアラブッシュ【フレンチ/北浜】

0

    ラペティ・ロアラブッシュ【フレンチ/北浜】

     

    北浜のビジネス街に佇むレストラン。

    さりげなくも心地よいサービスと席間を広くとった、ゆったりとした

    空間の中でいただく素晴らしいお料理の数々をご紹介します。

    接待や記念日など特別な日に花を添える非日常のお料理をご紹介します。

     

    招待日和のご提供コースは「Bコース」(通常価格 1名様10,000円/税サ別)

    20171月のコース内容をご紹介します。

    ※季節や仕入れの状況によりコース内容は異なります。

     

     

    ■お口はじめ

    最初の一皿目はトリュフと百合根のロワイヤルスープです。

    食事の始まりは優しく染みわたるコンソメのスープにほんのりと

    かおるトリュフが始まりにとてもふさわしい一皿でした。

     

     

    ■前菜1

    聖護院蕪のピューレに柚子のピューレを加えトラフグと一緒に

    いただくお料理です。

    とくに聖護院蕪へは水を1滴も加えず、素材のみで仕上げており、

    素材本来のうまみが凝縮していました。

     

     

    ■前菜2

    ズワイガニとオマール海老の温泉卵の粒マスタードソースです。

    添えられた野菜は契約農家直送の野菜やオーナーシェフ自らが

    収穫を行う京野菜など風味、歯ざわりなどをぜひお楽しみください。

     

     

    ■スープ

    「オマール海老のビスク カプチーノ仕立て」です。

    濃厚なオマール海老の風味を感じるには やはりこのお料理が一番でした。

           

     

    ■魚料理

    「ヒラスズキ タップナードソースとクーリーソース」は

    高級魚のヒラスズキを蒸し、2種類のソースでお好みの

    味わいでおいしくいただきました。

     

     

    ■肉料理

    お肉料理は4種類程度からお選びいただけます。

    牛肉、鳥肉、豚肉などその時期に合わせてのお料理です。

    この時期ということもありジビエの蝦夷鹿も用意がありました。

    せっかくですので、今回は蝦夷鹿をいただきました。

    丁寧な調理と、もともとの素材のよさもあり、非常に柔らかく、

    全く臭みのないお肉に驚きました。

    初めてジビエを食べられる方にはぜひおすすめしたい一品です。

     

     

    ■チーズ

    今回はチーズを選びましたが、お腹の具合に合わせて小さな

    デザートを選ぶことができます。

    お酒をもう少し楽しみたい方はーズを、食後の余韻を

    楽しみたい方は小さなデザートをお選びください。

     

     

    ■デザート

    デザートはシェフの日本人の感性が色濃く表れています。

    4種類程度のデザートから一つを選ぶのですが、今回は

    フランボワーズと白味噌のアイスクリームをいただきました。

    この他に玉露のアイス、和栗と白餡のモンブランなど和を

    取り入れたデザートはとても面白いです。

    ぜひ気になるものをお試しください。

     

     

    ■プティフール

    最後はプティフールとともに食後のお飲み物ですべてになります。

    フレンチの基本を忠実に守りながら、澤柳オーナーシェフの感性が

    ちりばめられたコースをぜひご賞味ください。

     

     

     

     


    レスプリ・ドゥ・クゥー・ドゥ・フランス【フレンチ】

    0

      大阪/北浜
      地下鉄堺筋線「北浜駅」、京阪本線「北浜駅」4番出口から直結という交通の便に

      恵まれたフレンチレストラン「レスプリ・ドゥ・クゥー・ドゥ・フランス」をご紹介します。
       
      お店のキャッチコピーに「すべてはお客様のご希望に”Oui”とお答えするために」と

      表現されているように、大人がゆったり楽しめることをレストランのコンセプトに

      しています。
      ※Ouiはフランス語でYesの意味

      招待日和でご提供いただけるコースは「シェフおまかせコース」

      (通常価格 1名様15,000円/税別)
       
      まずは、アミューズからスタートです。
      ■アミューズ(白子とふぐ)
      白子のふわっとした食感と弾力のあるふぐの身。対照的な歯ごたえが

      とても面白い一品でした。さっぱりとした酸味のあるジュレは後味を

      すっきりさせ、次のお皿を期待させてくれます。
      フランス1.png

       

       

      ■すっぽんとネギのひと皿

      柔らかく仕上げられたすっぽんを生地と一緒にネギのソースでいただきます。

      甘く香ネギの風味がやさしくスッポンの風味ををつつみさわやかな味です。
      フランス2.png

       

       

      ■オマールとホワイトアスパラ

      オマールエビとホワイトアスパラガスをオレンジ風味でいただく一品です。

      ホワイトアスパラのしっとりとした歯ごたえとオマールエビのぷりぷりした

      食感が楽しいひと皿です。オレンジ風味なのであっさりといただけました。
      フランス3.png

       

       

      ■フォアグラと半熟たまごのトリュフ乗せ

      バルサミコ酢の酸味と柔らかなトリュフの香り。口の中で滑らかにとろける

      フォアグラ。

      フォアグラとトリュフの間に半熟玉子があり、崩しながら一緒に食べると

      プルンとしたフォアグラ、薫り高いトリュフに加えて半熟たまごの濃厚な

      味わいを楽しむことができます。
      フランス4.png

       

       

      ■アワビとアワビの肝のリゾット

      火の通った柔らかなアワビ。そしてアワビの肝が深い味わいを出している

      リゾットです。濃厚でありながらあっさりとした後味は特質ものでした。

      フランス5.png

       


      ■蕪と蕪のムース

      お口直しとして供されたひと皿。お口直しではなく、コースの中のひと皿と

      思えました。

      お口直しなのであっさりとしていますが、株の甘味を2種類の食感で楽しむ

      ことができる逸品でした。

      フランス6.jpg

       


      ■蝦夷鹿のロースト

      コースでは牛、ラム、蝦夷鹿から選ぶことができました。今回は蝦夷鹿です。

      よく言われる獣臭さは全くなく、肉質は非常にきめ細やかな赤身でした。

      さっぱりとした味わいでいただくことができました。
      フランス7.jpg

       

       

      ■うにのパスタ(裏メニュー)

      グランドメニューに無い裏メニューです。今回はおすすめの裏メニューとして

      教えていただきました。パスタには隠し味にからしを使い、うにとの組み合わせを

      最高に引き上げた日本人好みの味わいでした。ぜひ一度味わっていただきたい

      ひと皿です(別料金)

      フランス8.png
       

       

      ■デザート前の一品

      あまおう。そのまま食べても甘さの中にほんのり甘酸っぱさがあるいちごです。

      デザートを食べる前に口の中をすっきりさせてくるうれしい演出でした。

      フランス9.png
       

       

      ■シフォンケーキとバニラアイス

      最後はシフォンケーキで締めです。

      シフォンケーキは熱いうちに全体を崩してよく混ぜます。

      そこにスプーン一杯のアイスをとり、シフォンケーキをつけていただきます。
      熱いシフォンケーキと冷たいアイスと両方から感じる甘味が口いっぱいに広がります。

      最後の最後まで食べ方に面白味があるコースでした。
      フランス10.png

       

       

      ■食後のコーヒー

      ごちそうさまでした。
      フランス11.png

       

      皆様にもご満足いただけるレストランと確信しました。

      ぜひご利用ください。
       


      1

      招待日和

      招待日和は美味しい有名レストランを全国約200店舗ご用意。 1名様分のコース料理が無料になります 招待日和新ロゴ.jpg

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      書いた記事数:46 最後に更新した日:2018/07/17

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      search this site.

      others