restaurante del mar(リストランテ デル マール) [イタリアン]

0

    restaurante del mar(リストランテ デル マール) [イタリアン]


    多くの人で賑わう、福岡市、中洲川端。

    東へのびる箱崎線と本線の分岐点にもなり、博多駅まで3分、

    天神駅まで1分という便利の良さが人気の街の一画に、

    今回ご紹介する『restaurante del mar(リストランテ デル マール)』があります。

     


     

     

    ■本場イタリアの食材を使った地中海料理を中洲で楽しめるレストラン

     

    中洲の喧騒を忘れてしまうほど、外観からは想像できない上質で

    ラグジュアリーな空間が広がる“リストランテ デル マール”。

    “海の家”を意味するデルマールの特徴は、新鮮なオマール海老をはじめ、

    本場イタリアの食材を使った地中海料理である。

     

    シェフ村上がイタリアで10年間料理を追求し学んだ、

    オーセンティックな技術とシェフ独自の技術を融合した調理法で、

    九州や本場イタリアの厳選した”食材”にこだわり、

    提供される地中海香るイタリアンを楽しめます。

     

    ■洗練された大人の上質な”空間”。最高のサービスで特別な夜を演出致します。

     

    旬の野菜本来の甘みをしっかりと感じられる冷製スープや

    鮮やかに盛り付けられた魚介類をサッパリとジュレでいただく季節の前菜。

    薫り高いトリュフを存分に楽しめる一皿。

     

    そしてメインは旬の魚を絶妙な火入れで調理し野菜と

    ハーブで仕上げる魚料理と牛や鴨や仔羊などを香り高いソースで合わせ、

    赤ワインとのマリアージュもオススメ。

    前菜から最後のデセールまでしっかりとコースの余韻を

    楽しめるフレンチをお楽しみください。

     

     

    ■招待日和でご提供いただくコースは、

    2名様以上で「Curso del mar (コース デル マール)」(1名様8,000円/税別)を

    ご予約いただくと、1名様分のコース料理を無料にてご提供させていただきます。
     

    ※別途人数分のチャージ料500円(税別)がかかります。

    201810月のコース内容をご紹介します。

    ※季節や仕入れ状況によりコース内容は異なります。

     

     

    ■この日のメニュー(一例) 

    『季節の一皿 北海道 厚岸産の生ガキ』

    牡蠣で有名な厚岸より仕入れた、ぷりっぷりな食感の新鮮な生牡蠣を

    レモンでサッパリといただきます。牡蠣のクリーミーな甘みとレモンの酸味、

    そして一緒に飲む生ビールは格別です。

     


     


    『前菜4品盛り』
    ・愛媛産 鯛の炙りカルパッチョ
    ・スペック/鶏の白レバー燻製と豚のモモ肉の燻製

    ・スモークサーモンとモッツァレラチーズ
    ・幻の生ハム 
    クラテッロディジベッロ

     

    福岡でもなかなか食べられない希少なハムの王様『クラテッロディジベッロ』をはじめ、

    白ワインによく合う前菜の盛り合わせです。

    他にも、スペックというハムの燻製も絶品です!

    よく締まった食感とギュツと凝縮された旨みがオススメです。

     

     

     


    『本日のパスタ ジェノバソースのパスタ』

    アーモンドローストをアクセントにイタリア最古のチーズといわれる、

    強めの塩分とコクが特徴の羊のチーズ「ペコリーノ・ロマーノ」を

    使ったバジルの爽やかな香りが漂う、ジェノバソースのパスタです。

    絶妙に茹で上げられたパスタにジェノバソースがよく絡み、

    格別の香りと風味を楽しめます。

     

     

     

     

    『本日の魚料理 のどぐろの香草パン粉焼』

    香り豊かな香草、ふんわりと仕上げたジューシーな“のどぐろの身”、

    サクサクした食感が食欲をそそる一品です。

     


     

     

    『本日の肉 熊本県産 仔牛のロース』

    山形の山菜、みずのみ、葱、マッシュルームのソース

     

     

     

     

     

    『本日のデザート パンナコッタ』

    香ばしくローストされた小鴨は凝縮された旨味がありフランボワーズのソースが

    とてもマッチしています。アスパラやきのこの歯応えも

    楽しめて赤ワインに非常に合う一品です。

     

    村上シェフの素敵なディナーをどうぞ!

     


    GRAZIA(グラーツィア)(イタリアン/西中洲)

    0

      GRAZIA(グラーツィア)【イタリアン/西中洲】

       

      今年10周年を迎えた西中洲にひっそりと佇む人気のリストランテ。

      グラーツィアとはイタリア語で「優雅」という意味。

      センス溢れる雰囲気の中で、田原シェフのインスピレーションと技術、

      独創的なモダンイタリアンを優雅に楽しめます。


      2階のワインバーでは、シニアソムリエのスマートな接客と、

      ワインやカクテルなど多種多様な一杯をいただけます。

       

       招待日和のご提供コースは「スペシャルコース」

      (通常価格1名様 10,000円/税別)

      ※別途人数分のコペルト代800円がかかります。 

      2016年7月のコース内容をご紹介します。

      ※季節や仕入れ状況によりコース内容は異なります。

       

       

      〜スペシャルコース〜 
      ■アミューズ

      雲丹・オクラ・じゅんさいなど、和の食材をさっぱりと

      バルサミコでヘルシーにいただけます。

       

       

      ■アミューズ

      夏にピッタリのピリ辛のガスパチョです。

      帆立や夏野菜の甘みとピリッとしたアクセントが夏の暑さを

      忘れさせてくれます。

      カッテージチーズの酸味とさわやかな風味もクセになる一品です。

       

       

      ■アミューズ

      鳥の巣をイメージしたフォアグラ最中。

      しつこすぎず最中のサクサク感との相性もバッチリ。

       

       

      ■前菜

       

      熟成豚の燻製たまご。豚の旨みと濃厚な黄身、燻製の香りが

      口全体に広がり、生地のサクサク感も食欲をそそります。

      スモークの煙とともに持ってきていただき、演出も素敵でした。

       

       

      ■スープ

      スーパースイートコーンの冷製スープ。コーンの甘さがたまりません。

       

       

      ■魚料理

      夏の鱧を使ったお料理です。

      夏らしい演出で、氷の器で見た目にも涼しげにいただけます。

      鱧の香ばしさ、梅肉とビーツのピュレがアクセントになり、

      エンドウ豆のスープでサッパリと仕上げてあります。

      地中海に漬け込んだきゅうりも味わえます。

       

       

       

      ■パスタ

      たまご麺とほうれん草麺の2種類のパスタを組み合わせた冷製パスタ。

      豆乳のソースをベースに、秋田のとんぶりの食感と焼き茄子の香ばしさ、

      それぞれの食材の旨みを凝縮した味わいを楽しめます。

      濃厚さとさっぱり感の絶妙のバランスのソースが麺に絡み美味しいです。

       

       

      ■魚料理

      本日のお魚は、モロヘイヤのソースと合わせた鮎の一皿でした。

      鮎の柔らかな身と内臓はパテにしていただきました。

      モロヘイヤの食感もイイですね。

       

       

      ■お口直し

      ジンジャーの自家製チュッパチャプス()

      程よいジンジャーの辛みと甘みが美味しい!

       

       

      ■肉料理

      柔らかく丁度良い硬さになるまで、52度で3時間ローストした

      イベリコ豚を、相性の良いバルサミコ酢でいただきます。

      お肉の旨みとバルサミコ酢の濃厚さが絶妙で赤ワインも進みます。

      つけあわせのお芋も甘くて美味しかったです。

       

       

      ■デザート

      生クリームを使わないマンゴー100%のジェラート。

      マンゴーをそのまま食べているような濃厚な甘みと、

      意外にも抹茶との相性もバッチリ。

      他にもプリンやココナッツの粉末やナタデココなど、

      しっかりと自然の甘みも感じるさっぱりとした夏らしい

      デザートでした。

       


      鮨 てとて [寿司]

      0

        西鉄天神駅から10分程歩くと、大人の隠れ家が的なお店が立ち並ぶ

        エリア西中洲にたどりつきます。

         

        今回はその一角にある『鮨 てとて』さんに撮影でお邪魔してきました。
        _DSC4742.JPG

         

        のれんをくぐると、大将が出迎えてくれるカウンター。

        店内5.JPG

         

        大将の目が行き渡るようにと、メインはカウンターでのご案内ですが、
        3名様以上はテーブル席でのご利用も可能です。

        _DSC4620.JPG

         

        『鮨てとて』大将のこだわりは、地産地消で地の物をふんだんに

        つかった鮨・お料理の魅力な鮨屋。

         

        招待日和でご提供のコースは『おまかせ7,000円コース』

        (通常価格1名様7,000/税別)です。

         

        コースの内容は、前菜、刺身、焼き物、蒸し物、鮨。

        内容や食材は季節により変わります。

         

        九州で獲れた旬の食材をその日のうちに最高の食べ方で堪能できます。

         

         

        ■前菜 渡蟹の酢の物

        _DSC4652.JPG

        カニとカニ味噌が甘めの酢に程よく馴染んで、早速お酒が進みそうです。

         

         

        ■刺身 

        はがつお、しめいわし、赤ウニ

        _DSC4663.JPG

        どれから食べようか迷うほど

        やはり生で頂くのが、食材の持つ味を堪能できる食べ方ですね。

        大将の選りすぐりの魚介を出して頂きました。

         

         

        ■焼き物  天然うなぎのタレ焼き

        _DSC4681.JPG

        鰻の香ばしい香りが食欲をそそります。
        九州の薬味としてはお馴染みの柚子こしょうか、ピリリと辛い

        山椒のお好きな方でお召し上がりくださいとの事。
        薬味で色んな味が楽しめます。

         

        ■蒸物 茶碗蒸し

        _DSC4716.JPG

        ここで少し箸休め。

        なめらか食感に旨味の効いた出汁が、口の中で広がります。

        中にはぷりぷりの海老や銀杏、椎茸が隠れています。素材から

        出た旨味も凝縮された一品です。

         

         

        ■お鮨  左からとらふぐ、トロ、ヤリイカ

        _DSC4690.JPG

        今日のお鮨のとらふぐは、すだちを絞ってお塩で食すのが、

        オススメの食べ方と大将。
        中に挟んだ柚子皮が透けて見えるほど、透明感が美しいフグや、

        口の中で溶けてなくなるトロ、歯ごたえの良いヤリイカ。

        九州の旬の魚が美味しく頂けます。

         

         

        _DSC4700.JPG

        続いて出て来たのが左から

        ヒラメ、カンパチの漬け、芽ねぎ。

         

        あっさりとしていくらでも食べられるヒラメやしっかり味の

        染み込んだカンパチ、なかなかお目にかかる機会のない芽ネギは

        わざわざ買い付けてくると、食材選びへのこだわりもお話して

        くださいました。

         
         

         うまいものを食べて、飲んで、明日の活力になるような料理を

        お客様に食べて頂きたい。
        そして、にっこり笑顔で帰って頂けるそんな鮨屋にしていきたいと、

        はにかみながらも真剣な眼差しでおっしゃっていたのが印象的でした。

         
        九州の味が堪能できるお店です。西中洲へお越しの際は是非お立ち寄りください。
         



         
        _DSC4678.JPG


         


        鮨処 剛 [寿司]

        0

          名店が集まるエリア、福岡 春吉。
          中洲へ向かうメイン通りから一本入るとすぐに『剛』と書かれた

          のれんが目に飛び込んできます。

          煉瓦色のホテルの1階に入っているのが、今回取材させて頂いた

          『鮨処剛』さんです。
          _DSC4851.JPG
           


          剛の大将は、福岡でも知る人ぞ知る老舗鮨屋で修行された後に

          独立し、今年で12年。
          今ではお忍びで芸能人や著名人の方も訪れる隠れた名店となっています。

           

           

          さっそく店内に入ると、右側にカウンター、左側が個室というつくり。


          鮨処 剛_内観.JPG

          _DSC4861.JPG


          今回は大将の威勢のいい声に迎えられ、新鮮なネタがずらっと

          並んだカウンターに案内して頂きました。
           
           

          招待日和でご提供いただくコースは『松コース 』

          (通常価格1名様10,000円/税別)です。
           
          こちらは大将イチオシの自家製明太子や、季節の魚を楽しめるコース。
          構成としては、小鉢、刺身、焼き物、煮物、鮨、汁物といった内容です。

          ※季節や仕入れ状況によりコース内容は異なります。
           
          今回伺ったのが18時頃でしたが、次々にカウンターや個室にお客様が

          入っていました。

           

          席に着くと、さっそく運ばれてきたのが、どれもお酒に合いそうな

          小鉢の3種盛でした。

          小鉢
           __ (1).jpg
          タコの酢の物やイカ明太、魚介とほうれん草のお浸し
          どれをとっても魚介の旨味が引き立っていて、酒の肴に

          はぴったりです。
          箸がすすみすぎて、次の料理が待ち遠しいほどです。
           
           

          次は、旬のお刺身です。

          刺身
          __ (4).jpg
          右から 、あら 中トロ シメサバ 明太子
           
          冬の味覚のアラが出てきたり、自家製の明太子は剛の自慢の一品。
          明太自体が太く、粒も一粒一粒が大きめで、食べ応えのある一品です。
          お土産としても大変人気があるのだそうです。

           
          お酒が進みはじめた頃、香ばしい香りがしてきました。
          次に運ばれてきたのは、鱈の焼き物です。
           


          焼き物  銀鱈の味噌漬け
          __ (3).jpg
          黄金色に輝く照りと香りが、間違いなく食欲をそそります。
          箸を入れると、ほろほろと柔らかい白身がほぐれ、少し甘めの

          味噌がよく白身に馴染んでいました。
           
          とても美味しくて、ひと口食べるたびに唸ってしまうほど。
           
          感動もつかの間、焼き物の次には煮付けが運ばれてきました。
           


          煮付け  金目鯛の煮付け
          __ (5).jpg
          大きめの金目鯛。御頭付きでとても、食べ応えがあります。
          絶妙な味付けに、自然に笑みがこぼれてしまいます。
           
          少しお腹も落ち着いてきた頃、
          お待ちかねの握りが出てきました。
           



          __.jpg
          (右からマグロ、鯛、ヤリイカ、ねぎとろ)

          __ (2).jpg
          (右から穴子、イクラ、ウニ)
           

          旬なネタを、大将が頃合いを見ながら握ってくれました。
          一貫一貫感動のお鮨です。
           
          そして、最後に出てきたのがお味噌汁です。
           


          汁物  うちわえびの赤出汁
          __ (6).jpg
          お椀の蓋を開けると、団扇エビが豪快に入っていました。
          プリプリに身のつまった団扇エビが赤出汁の旨味を一層引き

          出していていました。
          お腹に余裕があれば、もう一杯頂きたいくらいでした。
           

          体もお腹も満たされ、大満足のお料理でした。
           
          お魚が食べたくなった時に間違いないお店です。
          また自家製の明太子はお土産にも大人気の品です。

          _DSC4757.JPG




          福岡に来られた際は、気さくな大将と美味しい料理にぜひ会いに

          行ってみてください。



           


          1

          招待日和

          招待日和は美味しい有名レストランを全国約200店舗ご用意。 1名様分のコース料理が無料になります 招待日和新ロゴ.jpg

          selected entries

          categories

          archives

          profile

          書いた記事数:49 最後に更新した日:2019/01/31

          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          2425262728  
          << February 2019 >>

          search this site.

          others