Molecu-L(モリキュール) [分子ガストロノミー]

0

    2019.5

     

    2018年夏にオープンしたばかりのこちらのお店は、

    「プロジェクションマッピング」×「分子ガストロノミー」×「和食」の融合をコンセプトとした

    非日常空間を体験できるレストランです。

     

    場所は座線 上野広小路駅A3出口から徒歩1分。

    その他にも、JR御徒町駅やJR上野駅からも好アクセスです。

     

     

    招待日和でご提供いただけるコースは

    7,000円コース」(1名様 7,000円/税別)

    または「10,000円コース」(1名様 10,000円/税別)

     

    今回は「10,000円コース」を取材させていただきましたので

    その一例をご紹介します。

     

     

    入店するとまず目に入る大きなスクリーンは圧巻です。

    今回はこちらのカウンターでコースをいただきました。

     

     

     

    Molecu-Lは日本酒を多く取り扱っており、ラインナップも豊富。

    日本酒ファンも驚くマニアックな銘柄もたくさんございます。

     

    せっかくなのでスパークリング日本酒「微紅(びこう)」をいただきました!

    ドライなロゼシャンパンのような口当たりで食前酒にぴったりです。

    IMG_0352.JPG

     

     

    さて、音楽に合わせた映像と共にコースがスタートしました。

     

     

    先付  二種の根菜サラダ〜枯山水風〜

    IMG_0358.JPG

     

    日本庭園の枯山水をイメージした一品。

    なんと、こちらはかぼちゃとじゃがいものサラダ。

    水蒸気と熱風を同時に使う特殊なオーブンを用い調理し、岩に見立てているのです。

     

    表面は小麦粉とパルメザンチーズで香ばしく、

    中を開けると、ほくほくのかぼちゃとじゃがいもが。

    IMG_0360.JPG

    下の白い部分は塩になっていますのでお好みでつけてお召し上がりください。

    つけすぎにはくれぐれも注意です!

     

     

    御凌  季節野菜のガーデニングサラダ

    IMG_0365.JPG

     

    濃厚で後味のひく泡状のバター醤油(エスプーマ)と自家製クルトンで植木鉢を表現しています。

    季節の様々なお野菜とともにどうぞ。

     

     

    椀物  茶碗蒸し 〜海岸仕立て〜

    IMG_0369.JPG

    次は水の中をイメージした映像が流れ始めました。

    液体窒素のパフォーマンスに心が躍ります。

     

    IMG_0377.JPG

    帆立、カニ、イカをあしらった冷製茶碗蒸しです。

    昆布のうまみ成分をゲル化したブルーのジュレがまたさわやかさを引き出しています。

     

     

    向付  ハラスとアボカドのお造り Original

    IMG_0378.JPG

     

    IMG_0381.JPG

     

    脂ののったハラスを、二種のワサビとアボカドと合わせて再構築。

    形状の違うお醤油や、皮までいただけるレモンと共に様々な味わいと食感をお楽しみください。

     

     

    続いて、日本庭園をイメージした映像が流れました。

    IMG_0387.JPG

     

    煮物 ぶり大根〜鹿威し風〜

     

    IMG_0389.JPG

     

    ぶり大根を日本庭園の「鹿威し」に見立てた創作料理です。

    よく見てみると、大根の穴の中には、人口いくらの技術を応用して作ったいくら状のかつおだしが入っています。

    それぞれの素材の旨味を最大限に生かした優しい味わいです。

     

     

     

    しばらくすると、躍動感のある音楽とともに

    炎が燃え上がる映像が映し出されました!

    IMG_0399.JPG

     

    焼物  黒毛和牛の真空低温たたき ウィスキーフレーバー

     

    目の前で真空調理が始まります。

    IMG_0405.JPG

     

    IMG_0411.JPG

    このパフォーマンスに客席は一同大盛り上がりです!

     

    30年貯蔵したウィスキーのチップで、黒毛和牛のモモ肉を低温にて真空調理。

    あけた瞬間に広がるウィスキーの香りがたまりません。

    燻製塩、トリュフ塩、自家製シーズニングスパイスでお召し上がりください。

     

     

     

    ここでまた日本酒のご紹介。

    こちらは「セクスィー山本」という一風変わった名前の日本酒。

    IMG_0424.JPG

    日本酒度+15の超辛口ですが、口に含むとほのかな甘さが広がります。

    ところが飲み込んだとたんに一気に辛さが押し寄せる二段階の衝撃。

    珍しい銘柄ですので、ぜひこちらもお試しください!

     

     

    揚物  海老フライのRe.design

    IMG_0419.JPG

     

    一見大きな海老フライに見えますが、実はこちらは5尾のえびをくっつけたもの。

    食材内部の水分子を逃さないように、特殊な分子調理器で調理し実現しました。

    Re.design」という名前の通り、生まれ変わった海老フライをどうぞご賞味ください。

     

     

    飯物  ひつまぶし 葛飾北斎 赤富士

    IMG_0425.JPG

    こちらはひつまぶしの概念を一気に覆す一品!

    うなぎ料理のひつまぶしを、葛飾北斎「富獄三十六景」(別名:赤富士)をイメージして調理しています。

     

     

    最初は山椒とともに、最後は豆乳だしをかけてお召し上がりください。

    優しい味わいにほっこりです。

    IMG_0435.JPG

     

    そして驚いたことに、こちらの絵まで食べられるのです。

    IMG_0432.JPG

    でんぷんと水飴からつくられているそうですが、料理長のその技術の細かさに驚かされました。

     

     

     

    最後はデザートです。

     

    菓子  四季折々の果実 Molecu-L.Style

    IMG_0442.JPG

     

    IMG_0455.JPG

     

    液体窒素を使用してブドウとメロンのミルクを瞬間凍結させた粒上のアイスに、パインを使った自家製生フルーツアイス。

    2つのアイスの食感の違いをお楽しみください。

     

     

     

    そして映像はエンディングへ。

     

    春夏秋冬を表すプロジェクションマッピングがあまりにも素敵で、さらなる余韻に浸ることができました。

    IMG_0464.JPG

    IMG_0467.JPG

    IMG_0458.JPG

    IMG_0462.JPG

     

    ------------------------------------------------------------------

    コースは以上となります。

    驚きと感動の連続で、あっという間の1時間半でした。

     

     

    この日担当してくださった料理長の加藤さんにお話を聞くことができました。

     

    ここMolecu-L(モリキュール)で提供するメニューは「分子ガストロノミー」というジャンルになるそうです。

    料理を科学的観点から解析・分析し、その理論を調理と組み合わせることで生み出す

    全く新しいジャンルともいえるでしょうか。

     

    加藤料理長はもともと料理人としての経験は長いのですが、分子調理に関しては全くの独学とのこと。

    店舗の開発から携わり、日々学びメニューの考案をされているそうです。

    またカウンター越しに見えるパフォーマンスも美しく、

    思わず目を奪われてしまします。

     

    「美味しくて面白いものを」をモットーに、伝統的な和食を革新的なスタイルで提供し続けるMolecu-L。

    海外のお客様も大歓迎です。

     

    写真だけではお伝え出来ない魅力がまだまだあります!

    プロジェクションマッピングの映像と分子調理との融合をぜひ一度ご体験ください。

     

     

     



    招待日和

    招待日和は美味しい有名レストランを全国約200店舗ご用意。 1名様分のコース料理が無料になります 招待日和新ロゴ.jpg

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:44 最後に更新した日:2019/05/31

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    search this site.

    others